提携施工業者募集中。住宅・車庫などの屋根材飛散・落下を防止する対策には実用新案取得済みの屋根材飛散防止設備。


突風や竜巻・台風等による屋根材飛散被害

ここ数年の急激な気候変動により突風や竜巻・台風などが原因となり屋根瓦等の屋根材の一部が飛散し、深刻な被害となる事例が急増しています。

この事は、主に住宅等の屋根材が突風などで飛散しないように対策がされていない事が原因になっています。

屋根材飛散の被害の報道

備えあれば憂いなし

日本の住宅等の屋根材には瓦、ストレート材など様々ありますが、決して軽いものではありません。ましてや強風に飛ばされ勢いのついた屋根材は、物損だけにとどまらず、人などに当たると取り返しの付かない事態になってしまいます。

屋根材の飛散事故で訴訟になる場合も

過去に福岡県で自宅の屋根材が台風で飛ばされ、隣家の外壁に傷をつけた事例がありましたが、傷を付けられた住宅の所有者から損害賠償請求をされ裁判となりました。

判決は、瓦の固定について十分な備えをすべきであったのに、不十分であったとして、損害賠償義務を最高裁が認めています。

近年の気候変動による各地で起こっている屋根材飛散被害の実態に鑑みれば屋根材飛散・落下防止設備は、正に「備えあれば憂いなし」という事になります。

弊社の屋根飛散防止設備は実用新案取得済み

突風で屋根材飛散の被害

とりわけ、気候の不安定な時期は強風、突風などに起因する屋根材の飛散による被害が多発するようになってきており強風や突風の発生予測も難しいのが現状です。

そこで、弊社では屋根材の飛散、落下による被害防止のために、実用新案取得済み屋根材飛散・落下防止設備の提案をしています。


↓